木材について

 

 アートファニチャーギャラリーでは、北海道産の樺(かば)材を標準的に使用しています。

 

樺は、サクラやダケカンバ等の仲間の広葉樹で、材は堅く、木目は密。

 

木の中心部(赤身)と周辺部(白太)がはっきりわかれています。

 

このため、材にしたときに様々な模様を見せてくれます。

 

http://www.mikikota.net/Images/03160002.JPG

 

 木材市場では、中心部(赤身)がサクラと呼ばれ、特に珍重されるため、

 

高価で取り引きされており、赤身だけでそろえようとすると、倍以上の値段になってしまいます。

 

 しかし、白太部分も材として充分であること、白と赤のコントラストの面白さ、コスト面などを考慮して、

 

アートファニチャーギャラリーでは、両者混ざった雑樺(ざつかば)を使っています。

 

http://www.mikikota.net/Images/03160001.JPG 

樺の九分板(27mm厚)

 

 

 また、樺材は一般に、そり・くるいが大きい材といわれていますが、

 

アートファニチャーギャラリーでは様々なテクニックを駆使して、

 

ムク材特有のこの性質を修正しながら家具を作っています。

 

 

 

 なお、そのほかにも、ナラ、メープル、パイン材など、

 

一般に流通していて、入手可能なものならば、どんな樹種でも使用することが出来ます。

 

一度、ご相談を。

 

 http://www.mikikota.net/Images/03160003.JPG